2020年11月22日 (日)

浅田真央が都内に「真央リンク」を作る!

なんてなんて嬉しい言葉💕💕💕

浅田真央が、都内にスケートリンクを作る構想を持っているとの事。

高田馬場にあるシチズンが来年1月末をもって閉鎖するのを受けてのインタビューで、真央リンクの構想を話してくれた。

我々平民が、スケートリンクの必要性をいくら語ってもなかなか響いてくれないが、真央ちゃんがそう語ってくれるとどうにかなるのではないかという淡い期待を抱いてしまう。

都内にスケートリンクを作るってものすごく大変なことだとは思うけれど、ぜひぜひ実現してほしいと思う。

| | | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

【祝】すけとーく1周年

 

いつも楽しく拝見させていただいております。^^

ノービス選手権、東日本、西日本などの感想も色々と書きたいことがあるのだけれど、なかなか書けずにおりますが、それよりも「すけとーく」の感想をどうしても書きたくなってしまった。

1周年記念として、なんで「すけとーく」を始めたのかを語ってくれているのですが、私がこのブログを書き始めたのもまさにこれ!なのです。

荒川静香さんがトリノ五輪で金メダルを取って以降、素晴らしいスケーターもたくさん出てきてスケート黄金期があり、スケートブームがきてたくさんの人がフィギュアスケートに興味を持ち始めてファンがたくさん増えて…

長年のフィギュアスケートファンにとっては、とっても嬉しいことなのです。そして、フィギュアスケートが野球やサッカーに並ぶ、までいかなくてもそれに準ずるぐらいのメジャースポーツになってほしいとずっとずっと思っておりました。

そして、「すけとーく」のお二人、かなた君とかじけん君もそう思っている事に涙が出るほどうれしかったです。

私の生活環境が変わって、ブログを書く時間がなくなってしまい、長年中断していたのですが、こうして再開しようと思ったのも、フィギュアスケートって素晴らしいんだよって、また発信しなければと思ったからです。

かなた君とかじけん君が育ったスケートリンク、シチズンプラザが2021年1月末をもって閉鎖してしまいます。(かじけん君は途中で所属が変わりましたけれど)

シチズンを拠点にしていた、先生たち、選手達、学生スケーター、大人スケーター、みんな練習場所がなくなってしまいます。新たな拠点へ移っていくのですが、その受け入れ先のスケートリンクもどこも満員状態で、非常に厳しい状況です。(><)

東京は地価が高いせいもあると思うのですが、関西大学や中京大学のような大学リンクを持っているところがありません。早稲田大学、明治大学、日本大学、東洋大学、法政大学、他の大学の選手達も、皆、所属は大学名でもクラブで練習をしているのです。

シチズンプラザが閉鎖したら、大人スケーター達の大半は辞めてしまうかもしれません。平日の昼間にお仕事をして、週末にスケートを楽しんでいる人達は滑れるリンクがなくなります。

様々な事情もありますから、シチズンプラザをつぶさないで!とまでは言いません。

でも、都内に、23区内に、できれば山手線沿線に、

スケートリンクが必要です。

人口比率からしても、フィギュアスケート人口からしても

スケートリンクが足りないのです。

ああ、どこかの石油王、ぜひ

スケートリンクを作ってください!!

 

すみません💦 「すけとーく」から脱線しました。^^;

フィギュアスケートがメジャースポーツだったら、また違った結果があったかもしれないと思うと、こうしてどこに届くかもわからないけれど、声を上げ続けることが大切かなぁと思ってます。

| | | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

グランプリシリーズ フランス大会中止決定

うーん。やっぱりね。状況から考えても、こうしか言えないが…

海外ではコロナウイルス感染者が増えているようで、スケートカナダに引き続き、フランス大会中止となりましたね。

夜間の外出制限が少しずつ地域が増えているようです。

日本では、「GO TO キャンペーン」でどうにかして経済を回そうとしていて、なおかつ、日本への渡航も徐々に緩和されつつあったりもして…海外のこのような様子があまり報道されていないような気がします。

一方で、日本で行われるNHK杯はチケット販売の案内が出ています。私は今回は行かれません。テレビで観戦します。行かれる方は気を付けて。行かれない人の分まで応援を宜しくお願いします。^^

| | | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

スケートカナダ、四大陸選手権 開催中止

うーん。まだまだコロナウイルスの影響は世界でありますね。。。

日本では、感染者はまだまだいるものの、お国は、「GO TO 〇〇」キャンペーンで国民にお金を使わそうとしていて、なんだか浮足立っているような感じもあるのですか…

グランプリシリーズの、スケートカナダは大会中止

来年開催予定だった、四大陸選手権 中止

の決定が出されました。

スケートカナダに関しては、エントリーしていた選手にとっては色々と調整もされていたでしょうから、残念な状況となりました。

心配なのは、グランプリシリーズのフランス大会ですね。フランス国内では夜間の外出制限が行われているような状況となってしまいました。このような状況で開催でけいるのかどうか、心配されます。

北京オリンピックの事とかまだあまり考えられないのだけれど、なんってたって夏の東京オリンピックだってどうなるのか、って感じなのに… 今季は北京オリンピックのプレシーズンなのに各大会が開催できないというのはどんな影響があるのか心配です。(><)

残念な話ばかりですが、2023年の世界選手権が日本のさいたまで行われる事が決定しました。どうか、それまでにコロナウイルス感染が収束しているとよいのだけれど…

| | | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

東京ブロック2020~3日目

《シニア男子・フリー》

優勝 山隈 太一郎

昨年の持越しプログラム。冒頭に4S<<だったけれどチャレンジ。綺麗に3Aは2本入りました。逆に3Lzが入らずに残念でした。最後の手を振る振り付け意外過ぎて好きです。^^ 会場の雰囲気にも慣れ昨日よりは集中できていたのではと思います。SP5位からの巻き返しての優勝。

2位 小林 建斗

パイレーツオブカリビアン。4Tにチャレンジ。ジャンプはとても綺麗で迫力もありました。もうちょっとつなぎの部分で曲を表現出来たらいいなと思いました。

3位 小林 諒真

FIX YOU。大きなミスもなく良かったと思います。長い手足で演技がよく映えました。

4位 長谷川 一輝

冒頭は3Aにもチャレンジ。豪快な3Lzが決まると迫力がありますね。北海道から東京理科大学へ進学し、今季から東京ブロックだったのですね。東京ブロックは進学でブロックを移動してくる選手が見られてそういう楽しみもあります。^^

5位 唐川 常人

イオチサロ。ジャンプが決まるといいのですが、ちょっとしたミスがもったいないです。確か4年生、今季がラストシーズンかな。目指せ全日本。

6位 石塚 玲雄

オペラ座。かっこよかった~。服部瑛貴先生の振り付け、さすがです。転倒などのミスが多かったですが、全身を使って力強く表現していたので見ていて気持ち良かったです。

8位 菅原 生成

アダムスファミリー。昨年からの引き続き。冒頭から引き込まれる演技でしたが、ところどころのジャンプミスがあり、本人も少し残念そうでした。

9位 國方 勇樹

昨年から引き続きのロクサーヌ。滑り慣れているだけに音楽表現は良かったです。ジャンプ構成を落としての演技でした。どこか調子悪いのかな。

17位 鶴田 翔真

昨日の怪我はまだまだ痛そうでした。ジャンプは全てシングルニ。スピンもキャメルスピンが辛そうで途中でやめてしまったり…でも最後まで滑り切りました。東京ブロックは全員通過で東日本へ行けるので、それまでに怪我が治りますように。

 

《ジュニア男子・フリー》

優勝 菊地 竜生

3Aに4Sチャレンジ。スピードも貫禄もジュニアじゃない。シニアでも十分な感じ。別格の優勝。

2位 藤城 柊治

持越しプログラム「ラピュタ」でしたが、衣装は緑に変更。SPからちょっとルッツの調子が悪い感じでしたが、滑らかな滑りに振り付けもマッチして昨年よりも成長した感じでした。SP6位から2位へ浮上。

3位 坂東 凛

6位 木村 智貴

フリーでは転倒続出で残念な実地となってしまいましたが、ジャンプ構成はとてもジュニア1年目の中学生ではない。冒頭は3Aにチャレンジし転倒、続いての3Lzも転倒…それからタイミングがずれちゃったんですかね、でも最後まで諦めずにジャンプを飛び続けた根性に今後が楽しみな選手となりました。^^

 

《ノービスA男子》

優勝 中田 璃士

昨年からの持越しプログラムでした。ダントツの演技でしたが、少しジャンプミスなどがあり、本人としては納得のいかない出来だったようです。

2位 早川 潤

3位 蛯原 大弥

《ノービスB男子》

斎藤 佑太朗

2A転倒。ステップはよく滑っていて良かったです。最後のコンビネーションスピンはバリエーションも多く良かったです。

鷲見 玄

2Lz飛んできました。膝の柔らかい選手ですね。

《ノービスA女子》

優勝 高木 謡

ぶっちぎりの優勝。昨年は畑崎さんがいたので2位でした。3Lzをしっかり決めて貫禄の演技でした。音楽もノービスの可愛らしい感じではなく、ロックは感じでした。途中で髪飾りが落下してしまうアクシデントがありましたが、それでも笑顔で余裕な感じでした。^^

2位 今関 友梨香

3位 新井 美海

《ノービスB女子》 東京ブロックは出場選手5名で全員通過

優勝 山中 陽菜乃

2位 吉田 茉優

3位 宮本 琉花

| | | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

東京ブロック2020~二日目 ジュニア女子フリー・シニア男子SP

《ジュニア女子・フリー》

優勝 住吉 りをん

ロシュフォールの恋人。冒頭3F-3Tステップアウトから。しかしトリプルをバンバン決めてきて別格な感じでした。ステップで躓いたりと小さなミスはありましたが、それが気にならないぐらい見入ってしまいました。

2位 元栄 愛子

ラマンチャの男。緩急のある演技でした。最後のビールマンスピンは素晴らしかったです。足がぎゅーとまっすぐ上まであがってました。^^

3位 穂積 乃愛

シンデレラ。随所に由希奈ちゃんらしい振り付けが入ってました。後半になるにつけどんどんスピードも出てきたような感じでした。

4位 奥野 友莉菜

中2らしからぬ大人びた演技でした。

 

《シニア男子・SP》

上位陣は得点が近いですね。

1位 小林 建斗

ごめんっ。見れてなかった。1位通過おめでとう!フリーを楽しみにしています。

2位 石塚 玲雄

怜雄くんのスピンはいつ見ても素晴らしいですね。シットスピンの回転の速さは絶品。そして最後にはビールマンスピンも披露。

3位 長谷川 一輝

東京理科大なのですね。文武両道。3Lzを決めてなんと3位です。

4位 小林 諒真

5位 山隈 太一朗

3Lz‐3Tで転倒。ちょっと壁が近かったか。滑りもよかったように思いましたが、思ったよりも点数が伸びませんでした。

9位 國方 勇樹

ジャンプミスがあり得点が伸びませんでした。

17位 鶴田 翔真

ジャンプで転倒した際に腰を強打したようでかなり痛そうでした。途中演技の中断ぽい感じになったり、スピンも途中でやめてしまったり。でも根性で2A降りたり… 明日のフリーは無事に滑れますように。(><)

 

太一郎くんのコメントが発表されてます。

ちょっと集中しきれていないというか、練習と試合の間くらいの中途半端な気持ちで野音でしまいました。あと、ちょっと寂しいなと思いました。お客さんがいない、歓声が起こらないというのは。それは、すごく自分の中で大きなものだったんだなとおもいます。

 

💺 💺 💺 💺 💺

朝からほぼずっと東京ブロックのFOD観戦していたから疲れた。そしてまだ、音声の途切れたシニア女子第2グループを放送してくれている…

やっぱ音があってこそだなぁ。

太一郎のコメント、きっとどの選手も声援のない寂しさを感じているんだろうな。。。でも、遠くからたくさんの人が応援していますよ~。

| | | コメント (0)

東京ブロック2020~二日目・シニア女子FS・ジュニア男子SP

FOD音響トラブルかあり、一時音声が出ない状況に (T_T) FOD音響さん頑張ってくれて、本田姉妹の第3グループまでには復活。

《シニア女子・フリー》

優勝 永井 優香

エデンの東。冒頭の表情から素敵。高さのある3Lzからスタート。アクセルが一つ抜けたけれど、他は素晴らしい出来でした。集大成の演技だなぁとしみじみ感じました。

2位 松原 星

キスクラ笑顔。小気味いいジャンプがたくさん決まって良かったです。もう少しつなぎの演技が良くなると点数も楽にでそうな気がします。

3位 佐藤 伊吹

去年と同じ衣装ですね。ゴジャースで好きな衣装です。^^ ジャンプもたくさん決まって良かったです。

7位 本田 真凛

冒頭に曲のトラブルで、ポーズしてすぐに中断。提出曲もポーズも「ララランド」だったけれど、別の曲が流れ…1分以内に演技を再開しないといけないのですが、間に合わないと判断。そのままの曲のままでフリーを滑る。キスクラで、本田武史先生とそんな感じの話をしてました。武史先生もこの曲を久しぶりに聞いたと。演技も思い出しながら滑っていた様子。でもそんなそぶりもなく流れのある演技だったと思います。

しかし、衣装は「ララランド」よりもこっちの曲の雰囲気にぴったりな感じがしましたが…^^; 

演技の中断で -3点

演技は、冒頭に3T、3T‐2T以外はダブルジャンプで対応。まだまだジャンプは本調子ではありませんでした。右肩の脱臼で心配してましたが、ビールマンスピンはやってましたね。怪我は徐々に良くなってきているのかな。^^

8位 青木 祐奈

本調子ではなかったかな。キスクラで下を向く。奈加子先生が背中をさすってくれた。決まったジャンプは小気味よく、スピンもよく回転していて良かったと思います。

12位 本田 望結

長いポニーテールが邪魔な感じがしましたが…紀平梨花ちゃん以来、お団子ヘアよりもポニーテールが増えたような感じがします。お姉ちゃんの真凛ちゃんと一緒に東日本へ進出です。

 

真凛ちゃんインタビューbyデイリー

フリーは昨季に引き続き「ラ・ラ・ランド」のはずだったが、掛かったのはエキシビション曲、レディー・ガガの「アイル ネヴァー ラブ アゲイン」。3月にステファン・ランビエル氏に作ってもらったきり滑っていなかったという。審判席にいき、演技を中断。コーチと妹の望結が音源を取りに走ったが、中断から1分が経つと失格になる。「やるしかない」と、再びその曲で再開した。

 「ジャンプもスピンも入れていなかったけど、やるしかないと思った。振付も忘れていたのでアドリブでした」。2週間前に負った右肩脱臼の影響もあり、SP後には3回転ジャンプの回避を示唆していたが、冒頭の3回転トーループを含め、ジャンプを着実に決めていった。

 なんとか演技を完遂し、演技後はキス&クライで「こんなことある!?。ビックリした」と苦笑いで話した。ジャッジに時間が掛かり、「失格も覚悟した」。得点が出るまでは手を合わせ、祈った。「点が出てうれしかった。今もドキドキしてる。大満足です」と、胸に手をやった。

 

《ジュニア男子・SP》

1位 菊地 竜生

綺麗な3Aを飛んで、堂々1位通過です。

2位 木村 智貴

中1でこの成績は素晴らしい。3Aにも挑戦。3Lz、3F全部ささってますけど中1でここまでできるのはすごいです。よく動いてました。^^ 趣味が「ダンゴムシの飼育」って可愛すぎるんですけど。^^;

3位 坂東 凛

フットルース。曲の雰囲気がよく表現されていました。

6位 藤城 柊治

神宮外苑の岡島先生へ移っての初ブロック大会。ジャンプが決まり切りませんでしたが滑らかな滑りは健在。フリー頑張れ。

 

| | | コメント (0)

東京ブロック2020~初日

楽しかったっす💕💕💕

ジュニア女子は動画配信を見られなかったけれど、シニア女子はほぼほぼ見れました。^^ 

長年見てきた選手たちの成長が見られて、ほとんどずっと動画配信に張り付いていた感じでした。

今季は、近畿ブロックから移ってきた、本田真凛ちゃんと望結ちゃんにも注目がいきました。生で演技をみたかったなぁという思いもありますが、ブロック大会に入場制限がつきそうだなとも思いました。動画でたくさんの人が見られたのなら、それでよかったかなと思います。

《シニア女子・SP》

1位 永井 優香

ノーミス! エレガントな滑りに、ダイナミックなジャンプで素晴らしかったです。今季で引退するとの事なので、最後まで応援したいと思います。

2位 松原 星

ノーミス! 大きな滑りでよかったです。

3位 平金 桐

オオトリでしたね。長時間の試合でオオトリは大変だったと思いますが、頑張りました。残念ながら演技は見れませんでした。

4位 佐藤 伊吹

彼女のゴージャスな滑りは健在でした。

8位 青木 祐奈

怪我から帰ってきました。^^ まだまだジャンプは本調子ではないのかもしれません。試合勘とかもあるかもしれませんね。シーズンに向けて徐々に調子を上げてければいいなと思います。

9位 本田 真凛

衣装が素晴らしいです。パンツルックですごいかっこいい💓 

3つあるジャンプの中で、成功し点数になったのが 3T‐2Tのみでした。肩の怪我(脱臼)で2週間ジャンプをしておらず、今日練習を始めたとの事。今までの中で一番不安の大きい試合だったと話してます。スピンもまた脱臼してしまうのではないかと心配しながらの演技だったと。そんな状態での演技でしたが、PCSは全体の2位の素晴らしい滑りでした。怪我の不安があった分、演技も小さめだった気がします。伸びしろがたくさんあるので、早く怪我を治して思いっきり演技ができるように祈ってます。

12位 本田 望結

16歳で今季からシニアへ。姉の真凛ちゃんと同じカテゴリーでの試合となりました。

ほとんどが大学生の中でも、体格もしっかりとしていて全く見劣りはしませんでした。6分間練習でも苦労しているように見えたループジャンプが2回転となり点数になりませんでした。2Aも回転が足りず…ジャンプで点数を稼げませんでしたが、音楽表現は素晴らしかったです。フリーも楽しみです。^^

《ジュニア女子・SP》

1位 住吉 りをん

怪我から戻ってきての、ショート1位通過。

棄権 畑崎 李果

楽しみにしていた選手の一人で、今季よりジュニアで活躍を楽しみにしていたのですが・・・

| | | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

中部ブロック2020

気になる選手のみにコメント。中部ブロックは動画配信をみていないので、演技の感想ではなく、勝手なる個人的な感想です。

《シニア男子》

1位 山本草太くん

今季は大学を休学してスケートに専念。大けがを乗り越えて、どうどうの優勝です。笑顔が素敵です。

2位 日野龍樹くん

今季をもって引退を宣言されました。(;;) 周りが引退していって寂しくなってきたと。身体的精神的にもそろそろ限界との事。ノービス時代からみてきた選手の引退宣言は寂しいものがありますが、悔いのないシーズン、スケート人生を送ってもらいたいです。

《シニア女子》

1位 山下真瑚さん

気持ちのいいスケート、と可愛い笑顔をたくさん見たいです。

2位 本郷理華さん

帰ってきました~。復帰してなんと2位の立派な成績。長い手足をいかしたダイナミックな演技をたくさん見られるといいな。

3位 新田谷  凜さん

昨季での引退宣言を撤回して臨んだ今シーズン。明法 on Ice を見てから応援したい気持ちが強くなった選手です。

4位 横井ゆは菜さん

8級おめでとうございます。進化したゆは菜ちゃんを楽しみにしています。

5位 大庭雅さん

現役を続けてくれていて嬉しいです。

| | | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

中四国九州ブロック大会2020

ブロック大会が始まりましたね。

独特の緊張感があります。^^

 

💺 中四国九州ブロック 結果

シニア男子

田中刑事くんが、このブロックへ移りましたね。

音響トラブルがあったようですが、安心の1位通過でした。

ショートなのに、フリーの曲を提出してしまったようで、演技の中断があり-3点となってしまいました。怪我があり、ジャンプ構成もかなり落としてます。

3S、2A、3T-2T

次の試合までには回復することを願っています。

 

| | | コメント (0)

«待機選手問題 ~中野友加里さんのインタビュー~